Digital touch signage

未分類

タッチパネル化したデジタルサイネージとは、画面をタッチすることで、利用者が自由に必要な情報にアクセスできるコンテンツです。最近では、スマートフォンの普及で誰でも気軽に情報を自ら取得していくことに慣れてきた為、タッチパネル型デジタルサイネージも、積極的に利用されています。主に商業施設や観光施設、交通機関のほかにショールームや工場などでも導入されています。

商品購買サイネージ
店舗や商業施設などに設置することで、商品情報をみつけて、商品について詳しく理解したい、店員の代わりとして活用することも可能で、話しかけられたくないなどの顧客のニーズに対応することができます。そのため、購買を促すことにつながります。

案内サイネージ
店舗や商業施設、観光施設、ホテル・旅館、駅や空港などにおいては、施設案内のために導入することで、顧客の施設利用を便利にします。

設置パターン

スタンドアローンタイプ

■スタンドアローンタイプ
1台のタッチパネルでコンテンツを表示し、店舗や商品の検索を素早くできます。

複数モニタータイプ

■複数モニタータイプ
複数のタッチパネルでコンテンツを表示が可能、小型のタッチパネルで操作し、大型モニターで情報を表示したり、横並びにしてキャッチーな動画を再生し集客することも可能です。

センサー&タッチコンテンツタイプ

■センサー&タッチコンテンツタイプ
人感センサーを利用することで人が近くに来るとタッチパネルコンテンツに切り替えることができます。

高度センサー&タッチコンテンツタイプ

■高度センサー&タッチコンテンツタイプ
複雑なセンサーを利用することで、タッチ以外の
演出を取り入れる事が可能です。

■更新プログラム追加
別の専用アプリで内容の更新や追加が可能です。
ローカルネットワークを組めば
少し離れたところから更新もできます。

■データベース化検索システム
大規模フローの場合、データベースを作成し、検索ができるようにする。

Webサイト制作

ECサイト開発、Webアプリケーション開発、CMS構築など
多数のWebシステム開発で実績があります。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧